FC2ブログ
HOME   »  野菜料理  »  第510回 ハウスの「中華風青菜炒め」

第510回 ハウスの「中華風青菜炒め」

 ハウス食品から100円程度で販売されているシーズニングシリーズがあります。野菜炒めの味付けが苦手な人でも、野菜を炒めてこのシーズニングシリーズを混ぜれば手軽においしい野菜炒めが作れます。

 今回はそのシリーズの中に「中華風青菜炒め」という製品を発見したので購入。1つのパッケージにに2回分の袋が入っているので、1食当たり50円ぐらい。

ハウス食品の中華風青菜炒め

 材料は青菜が200gぐらい。ここのところ気温も高くなって、スーパーにはセール品として大きな青梗菜が二つで100円ぐらいで販売されていることが多いです。つまり安上り。

 ただ私は最近常に一工夫。先ずニンニク1粒をみじん切り。続いて鷹の爪2本をみじん切り。さらに日本ハムのあらびきウインナーを一袋。

 ウインナー類は他にもおいしいものがあることは分っているのですが、添加物に亜硝酸ナトリウムが入っていることが多いので、ちょっと敬遠気味です。

 フライパンを用意してオリーブオイルを入れて、最初にニンニクを炒めます。続いて輪切りにしたウインナーを炒め、そこに青梗菜二束分を投入。

 ガシガシと数分炒め、みじん切りにした鷹の爪と中華風青菜炒めの内容物を3分の2ほど投入。青梗菜二束で全部を使い切ると、ちょっと味が濃すぎるように感じています。

ハウス食品の中華風青菜炒め

 青梗菜が3~4束でちょうどいいぐらいかなと感じていますが、我が家のような少人数家族では、今度は青梗菜の量が多すぎるような気もします。

 出来上がったものを食べてみると、もともとの製品内に唐辛子やニンニクが入っているので、後から追加するとより味が強くなる気がします。
 
 
関連記事

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 2019年、最愛の連れを失ってからほぼ10年が経過。当時中学生だった息子も今は社会人。この間食費節約のためにひたすら自炊生活。

 当初料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っていましたが、ここのところ料理補助食品もうまく使いこなせるようになったと若干自負しています。

 しかし「これはうまい!もっと食べたい」という料理を作れることは稀。料理のジャンルだけは広がっているような気がします。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
88位
アクセスランキングを見る>>