FC2ブログ
HOME   »  麺類  »  第508回 成城石井の特製ボロネーゼ

第508回 成城石井の特製ボロネーゼ

 昼食にパスタを食べることが多いです。麺はBarillaという会社の1.6mmの茹で時間7分の麺。450g入りで、安いスーパーでは200円前後で手に入ります。

 この麺を私の場合は1食分、125gを使います。つまり1食分が55円ぐらい。ルーは青の洞窟シリーズや予約でいっぱいの~というシリーズのものを使います。

 これらは1食分が200円前後。つまり私が昼食でパスタを食べる時の費用は255円前後ということになります。通常はそれで満足しているのですが、たまにはもっとおいしいルーを食べてみたいと思うことが最近増えています。

 とはいえ、ルーが400円を越すようだと、購入を躊躇います。そんな状況でたまたま見つけたのが成城石井の特製ボロネーゼと書かれた製品。

成城石井の特製ボロネーゼ

 価格ははっきり覚えていないのですが、多分300円前後。作り方は、私が好んでいるのはお湯で温めること。容器に移して電子レンジで加熱という方法もあるようですが、我が家のレンジの性能が悪いのか、暖まり方にムラが出ます。

 てなわけで、麺を茹でてルーを温めて、これをかけて実食。 量は125gのパスタでも足りなくなることはなかったです。食べてみると味はまあまあ。

 もちろんおいしい部類に入るとは思うのですが、普段食べている青の洞窟シリーズのルーに比べて、値段の差が気になります。価格差が1.5倍あるわけですが、その差に見合った味の差かと考えると、ちょっと悩んでしまいます。

 ただ化学調味料不使用という文字も見られ、材料には気を使っていることもうかがえますので、機会があったらまた購入するかも。


成城石井の特製ボロネーゼのルーを使って

関連記事

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 2019年、最愛の連れを失ってからほぼ10年が経過。当時中学生だった息子も今は社会人。この間食費節約のためにひたすら自炊生活。

 当初料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っていましたが、ここのところ料理補助食品もうまく使いこなせるようになったと若干自負しています。

 しかし「これはうまい!もっと食べたい」という料理を作れることは稀。料理のジャンルだけは広がっているような気がします。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
88位
アクセスランキングを見る>>