FC2ブログ
HOME   »  未分類  »  第507回 ピエトロの絶望スパゲッティ

第507回 ピエトロの絶望スパゲッティ

 家で食事をする人が増えたせいか、スーパーのパスタコーナーに行くと新製品が続々販売されているように見えます。パスタは麺を茹でて市販のソースをかければ割とおいしいものが食べられる時代になったなと思っています。

 しかも麺自体は乾麺で、ルーも保存がききますが災害時の保存食にも向いていそうな気がします。これまで私が主に食べていたのは青の洞窟シリーズと予約でいっぱいの何とかというシリーズが多かったのですが、これらの味にもちょっと飽きてきた感じ。

 一方値段が、両者ともに1食180~220円前後で買うことが出来ますから、麺の価格と合わせると、1食が300円ぐらいだなと思っていました。

 というわけで、あと50~100円ぐらいプラスして、もう少しおいしいパスタールーがないかなと、スーパー内を探索することが増えています。

 今回食べてみたのは洋麺屋ピエトロという会社が販売している、ともかく名前がユニークだった「絶望スパゲッティ」というもの。パッケージには、「絶望している時でもおいしく食べられる」と名前の由来が書かれています。

洋麺屋ピエトロの絶望スパゲッティ

 作り方は他のルーと同様。湯煎か内容物を電子レンジで加熱するだけ。ただ私はレンジの過熱は敬遠気味。我が家のレンジは安いものを買ったせいか、加熱部分にムラが出ます。

 というわけでいつも湯煎を選択。麺はBalliraトイウメーカーの1.6mm 茹で時間7分という麺。

 麺125gを茹でて、7分後ざるにあけて、大きめの皿へ。そこに湯煎した製品の内容物をドロドロかけて出来上がり。見た目には、ちょっと量が少ない印象でした。

 そもそも麺の量125gという設定は、通常よりちょっと多めなのかも。

 さて実際に食べてみると、食べた瞬間「なんかちょっと味が変だぞ、本当にうまいのか?」という疑問が芽生えたものの、食べ進めていると、「やっぱりうまいんだ」という印象に変わりました。

 あらためてパッケージに書かれた原材料を見てみると通常のルーに比べて味が異なるなと感じた原因は、どうやらマイワシフィレの香りみたい。

 「そうかあイワシの香りなのか」と納得。ちなみにこの香りはほんの僅か。魚特有の臭みというわけでもなく、味や香りに深みを与えているみたい。

 ピエトロのホームページもあって、この会社からは結構たくさんの種類の製品が販売されています。希望小売価格は400円前後ですが、実売価格は300円前後で販売されているような気がします。

 たぶんまたこのシリーズのルーは買うことになると思います。

関連記事

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 2019年、最愛の連れを失ってからほぼ10年が経過。当時中学生だった息子も今は社会人。この間食費節約のためにひたすら自炊生活。

 当初料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っていましたが、ここのところ料理補助食品もうまく使いこなせるようになったと若干自負しています。

 しかし「これはうまい!もっと食べたい」という料理を作れることは稀。料理のジャンルだけは広がっているような気がします。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
88位
アクセスランキングを見る>>