FC2ブログ
HOME   »  野菜料理  »  第506回 「青菜の翡翠炒め」を使って、エビと小松菜、卵の炒め物

第506回 「青菜の翡翠炒め」を使って、エビと小松菜、卵の炒め物

 前回紹介したペペロンチーノと似たような様式の製品で、野菜炒めを作る時によく使っているのが「青菜の翡翠炒め」と「青菜のタイ風炒め」という製品。

 どちらもニンニクが入っていて、適度な塩加減ですが、後者の方はタイ料理を意識しているのかエビの香りが少しします。その時の気分で使い分けていますが、両者ともに100円ぐらいで二袋入り。

 小松菜、ホウレンソウ、青梗菜等の炒め物に向いていると感じています。通常は用意した青菜を炒めて、内容物の粉末を振りかけて炒めるだけなのですが、最近は一工夫。

 今回は翡翠炒めを利用。材料はバナメイエビと小松菜、冷蔵庫の野菜室に余っていたピーマン1個。これにニンニク1粒と唐辛子2本で調理開始。

青菜のタイ風炒め

 フライパンを用意して、オリーブオイルを入れてまずはみじん切りにしたニンニクを炒めます。香りが出てきたところにエビ、ピーマンを追加。さらにザル1杯分の小松菜を入れます。

 強火で炒めていくと、最初はフライパンに溢れんばかりの小松菜の体積がどんどん減少。最後は溶き卵をかけて出来上がり。男二人で食べる分にはちょうど良いぐらいの量になります。

 これを小皿に取り分けて無事完成。調理時間は、材料がそろっていれば10分かからない感じ。味は鷹の爪の辛さが効いていて、ごはんが進みます。

青菜のタイ風炒め

関連記事

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 2019年、最愛の連れを失ってからほぼ10年が経過。当時中学生だった息子も今は社会人。この間食費節約のためにひたすら自炊生活。

 当初料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っていましたが、ここのところ料理補助食品もうまく使いこなせるようになったと若干自負しています。

 しかし「これはうまい!もっと食べたい」という料理を作れることは稀。料理のジャンルだけは広がっているような気がします。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
88位
アクセスランキングを見る>>