FC2ブログ
HOME   »  野菜料理  »  第502回 厚揚げとカボチャの煮物

第502回 厚揚げとカボチャの煮物

 煮物で使おうと思っていた厚揚げと、甘煮にしようと思って買っておいたカボチャが余っていたので、カボチャと厚揚げの煮物を作ってみることにしました。

 通常はそれぞれを単独で利用することが多いのですが、両者の味のイメージを浮かべて、一緒に煮ても美味しいだろうと判断。ちなみにカボチャですが、国産のものの方がおいしいような気がします。

 以前何回か海外からの輸入品を利用したこともあるのですが、なんかあまりカボチャ本来の味がしませんでした。

 作り方は、この手の煮物を作る時の我が家の定番比率。先ずは鍋を用意して、水を150~200mLぐらい。そこにキッコーマンの醤油大匙2杯、みりん大匙3杯、顆粒のかつおだし3gぐらい、キビ砂糖小匙2杯を入れて加熱。

 煮立ってきたところで、カボチャと厚揚げを並べて入れます。当初は鍋の底に、深さ1cmに満たない煮汁が入っている状態ですが、材料をきちんと隙間を詰めて敷き詰めると、材料の半分ちょっとぐらいまで水面が上昇します。

 そこにいつも使っている木の落し蓋をのせ、鍋に蓋はせず、ひたすら弱火で煮るだけ。1時間ほど煮ていますが途中で2回カボチャの上下を入れ替えました。

 出来上がりは画像の通り。今回はちょっと煮すぎてカボチャの角が崩れてしまいました。しかしその分煮汁の味が濃くなり、おいしさも増しました。

 味はスーパーのカボチャの煮物の味と同等かそれ以上ではないかと思っていますが、何よりありがたいのはカボチャが200円弱。厚揚げが、1丁の半分で50円ぐらいですから、節約料理です。

カボチャと厚揚げの煮物  
関連記事

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 2019年、最愛の連れを失ってからほぼ10年が経過。当時中学生だった息子も今は社会人。この間食費節約のためにひたすら自炊生活。

 当初料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っていましたが、ここのところ料理補助食品もうまく使いこなせるようになったと若干自負しています。

 しかし「これはうまい!もっと食べたい」という料理を作れることは稀。料理のジャンルだけは広がっているような気がします。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
67位
アクセスランキングを見る>>