FC2ブログ
HOME   »  野菜料理  »  第360回 タニタ食堂の「ナスとピーマンの肉みそ炒め」

第360回 タニタ食堂の「ナスとピーマンの肉みそ炒め」

  今日の料理は何にしようかなと迷いながらスーパー内を歩いていたら、料理補助食品のコーナーで、健康関連で有名な「タニタ」という会社が「なすとピーマンの肉みそ炒め定食」という製品を販売していました。

タニタ食堂のナスピーマン味噌炒め

 表面には化学調味料無添加と書かれていて、アトピー持ちの私はこういった文字に弱いです。裏面を見ると、豚もも肉、なす、ピーマン、そして製品内のたれ、サラダ油となっていて、材料費もやすくなりそう。

 ちなみにこのパック内には副菜としてキャベツのごま和えも作れると書かれていましたが、最近のキャベツの高さに閉口しているので、今回は見合わせました。

 というわけで、豚もも肉となす、ピーマンを買って合計が500円ぐらい?この製品の価格が150円ぐらいですから、材料費は全部で650円ぐらい。

 帰宅してフライパンを用意して、ナスとピーマン、肉を食べやすい大きさに適当に切り準備万端。フライパンに油を入れ、先ずは豚肉を炒めます。

 肉に火が通ったころ(肉の色が変わったころ?)を見計らって、ナスとピーマン投入。竹べらでガシガシとかき混ぜます。ナスに火が通るのは見た目ですぐ分かりますが、ピーマンが分かりにくいですね。

 「まあこんなもんだろう」と思ったところで、火をちょっと弱めてパッケージ内の味噌を投入。味噌の量はそれほど多くなかったです。味噌が全体に行き渡るように炒めて完成。

 食べてみると、ちょっと甘味噌のような感じですが、思った以上においしい。子供が好きそうな味です。しかし欠点が一つ。我が家のような大人(私と大学生の息子)が食べる量にしてはちょっと物足りない。

 味噌の味がしっかりしているので、もも肉は160gではなく200gでもいいかも。またナスやピーマンは2個ずつとなっていますが、その大きさによりますが3個ずつでもいいかも。ちなみに写真は大皿から取り分けたもので、全体量はもっと多いです。

ナスとピーマンの味噌炒め

関連記事

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 2019年、最愛の連れを失ってからほぼ10年が経過。当時中学生だった息子も今は社会人。この間食費節約のためにひたすら自炊生活。

 当初料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っていましたが、ここのところ料理補助食品もうまく使いこなせるようになったと若干自負しています。

 しかし「これはうまい!もっと食べたい」という料理を作れることは稀。料理のジャンルだけは広がっているような気がします。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
88位
アクセスランキングを見る>>