FC2ブログ

父子家庭のお気楽料理

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年11月
ARCHIVE ≫ 2018年11月

第398回 鮭のピカタに挑戦

  賞味期限切れが近づいた卵があったので、「じゃあピカタでも作ってみるか」と考えてスーパーへ。通常は鶏肉や豚肉を使うのかもしれませんが、ちょっと趣向を変えてサケのピカタにしようと鮮魚売り場を物色。

 すると今の時期は秋鮭、紅鮭、銀鮭、白鮭といった種類が並び、さらにその近くにオレンジ色をしたアトランティックサーモンや
キングサーモンといった切り身が並んでいて、どれにするか悩みます。

 さらによく見ると、甘口、中辛、大辛とか養殖、天然といった区分もあり、ピカタにはどれが向いているんだろう?とさらに選択に悩みます。

 ただ個人的には以前サーモンについて調べた時、身の色は与える飼料できまるということでしたので、人工的な添加物も使われているのではと思い、避けるようにしています。

 というわけでピカタにするんだからなるべく生の味が良いだろうと判断。選んだのが味付けがされていないと思われた白鮭の切り身。

 帰宅して早速ネットで鮭のピカタを検索、すると塩コショウをして小麦粉をつけて溶き卵をくぐらせ焼けばよいと言うことが分かりました。溶き卵にチーズを加えるというレシピもありました。

 早速冷蔵庫から切り身を出して塩コショウ。さらに小麦をつけて、溶いた生卵にくぐらせましたが、卵がなかなかくっつきません。

 「ええ~い面倒だ。焼いちゃえ」と思ってそのまま焼きましたが、後から考えると、焼きながら残った卵を上からかけるという方法もあったなと思いました。次回試してみようと思っています。

 ちなみに焼くのはフライパンを使いましたが、出来上がりはあっという間ですね。割とおいしく仕上がりましたが、ちょっと塩気が足りない感じでした。

鮭のピカタ  

 

第397回 モランボンのステーキダレで牛肉とピーマンの炒め物

 昨日は、午後スーパーに行ったら賞味期限切れまじかのおいしそうな牛肉が4割引きで販売されていました。と言っても元が結構高いので、200gぐらいで700円ぐらいです。

 それでも肉の顔つきは良さそうだったので。「買っちゃえ!」と思って購入。実は午前中に今年から始めた市民農園に行って、そろそろ時期的に終了を迎えつつあるピーマンを収穫して、これの利用を考えていました。

 最近になって、牛肉とピーマンと言うのは相性が結構良いことに気が付いていたので、これで「牛肉とピーマンの炒め物だ~」と思ったわけです。

 しかし問題は味付け。いくらおいしい牛肉と味の濃い自家製ピーマンであっても、塩コショウと醤油と言うのでは、なんかもったいない。

 「どうしよう?」と考えて、牛肉が販売されている棚の上を見たら、スーパーの戦略なのか、うまい具合に「モランボンのステーキソース」が置かれていて、「よしじゃあ今日はこれを使ってみよう」と決断。

モランボンのステーキソース


 タレの説明書きを見たら、ピーマンの文字は入っていませんでしたが、まあ問題なかろうと判断して、帰宅して調理開始。

 ピーマンを水洗いして。ヘタをカット。さらに縦に二分割して内部の種を撤去。これをさらに縦に二分割してピーマンの準備が終了。

 大きめのフライパンを用意して、オリーブオイルを入れて牛肉とピーマンを炒めます。全体に火が通ったら、買ってきたステーキのたれを上からドバっとかけて、さらに全体をチャチャッと混ぜて出来上がり。

牛肉とピーマンの炒め物

 食べてみると、意外に旨い!さすがモランボンだなとか思いながら食べましたが、ちょっと甘めの醤油ダレという感じでしょうか。次回はこれに七味や唐辛子、場合によってはニンニクを加えてもいいかなと思っています。