FC2ブログ

父子家庭のお気楽料理

2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 味噌汁
CATEGORY ≫ 味噌汁
       次ページ ≫

第233回 ブリカマの味噌汁

 スーパーにブリというよりイナダ(ブリの幼魚)ぐらいの大きさのカマが安く売られていました。3個入って200円でした。天然ものです。私は養殖業者の方には申し訳ないのですが、どちらかというと天然のブリを買うことが多いです。

 理由は単純。生け簀で養殖している魚には高たんぱくの飼料や、病気を防ぐための抗生物質が与えられているという話を聞いているからです。

 だから天然ものが優れているという結論にはならないような気もしますが、アトピー等のアレルギー体質なので、基本的に養殖物は避けることが多いです。

 買ってきたカマですが、パックには煮付け用と書かれていましたが、アルコールのつまみにするなら単純に塩焼きにしてもおいしいです。

 もちろん煮付けもおいしいのですが、本当においしい煮付けにするためには一晩寝かせたほうが良いように感じています。というわけで、今回は手っ取り早くみそ汁の具にして、あら汁風に仕立てることにしました。

 といっても作り方は簡単というか、あまり気を使っていません。鍋に水を入れて、粉末カツオだしを適量。煮立って来たら、ここに水洗いしたブリを投入。

 あくが出るので、これを取って味噌を入れるだけ。冬場ならネギを入れてもいいなと思いますが、今の時期はネギの花が咲く時期で、茎が固くなりおいしくないです。

 というわけで、ごくごく単純なブリカマのみそ汁の出来上がりです。ブリそのものからもおいしい成分が出るようで、漁港で食べるあら汁と似たような味になります。

 今回から少し写真を大きくします。

ブリカマの味噌汁



第146回 豚汁もどきを作りました

 昨晩はだいぶ涼しくなってきたこと、ジャガイモの消費、家庭菜園のネギが取れ始めたことを考慮して、この秋初めての「豚汁もどき」を作りました。

 「もどき」と書く理由は、豚汁と豚肉を使ったみそ汁の区別がよくわからないからです。そのうち調べてみようと思っています。

 それはそれとして、用意した材料は上記のジャガイモ、ネギのほかに、大根、ニンジン、ゴボウ、焼き豆腐、豚ばら肉です。

 鍋は少し大きなものを用意して、いつもの味噌汁の量の倍ぐらいの水を入れ、ここにいつもの粉末カツオだしを入れ、煮立ってきたら上記の材料を片っ端から放り込んでいきます。

 豚肉からのアクを取りながら、ある程度材料に火が通ったら味噌を入れ、さらに少しだけ煮込みつつ日本酒を少々。

 要するに豚肉入りの野菜たっぷり味噌汁ですが、出来上がりはいろいろな野菜のだしも出ておいしいです。通常はこれを味噌汁として食べるのだと思いますが、私はアルコールを飲んだ後、これをどんぶりに入れたご飯にそのままかけて食べるのが好きです。

 いわゆる昔よく言われていた「にゃんこ飯」だと思うのですが、アルコールの仕上げに抜群です。

豚汁(もどき) 

味噌汁 | Comments(0) | Trackbacks(-)