FC2ブログ

父子家庭のお気楽料理

2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 魚料理
CATEGORY ≫ 魚料理

第363回 クロムつの煮つけに挑戦

 22日に帰国し、今日になってようやく時差ボケが解消した感じ。バンコクとクアラルンプール旅行ですから、時差は数時間しかないのですが、それでも慣れない環境を動き回っていると、疲労がたまります。

 また現地では肉や野菜系の食事が必然的に多くなり、魚系が不足するなといつも感じます。というわけで、昨晩はスーパーで見つけた小ぶりの「クロムツ」を煮つけにしてみました。

 クロムつという魚は、かなり深い場所にいる魚で、体に似合わず目が大きく、顔付きもどちらかと言えば獰猛。深い海の底で、様々なものを食べていると思われ、歯も鋭いです。

 普段スーパーには余りならばない魚ですが、私は相模湾の海釣りで何回か釣り上げたことがあり、その刺身の旨さを知っています。というわけで、その頃の記憶を思い出して、ちょっと小さいものでしたが2匹購入。

 その場で煮つけようにさばいてもらい、自宅で調理開始。調理直前に煮つけのコツみたいなものをネットで探してみたら、最初に熱湯をかけて臭みを抜くという記述があったので、先ずはお湯を沸かして上からかけました。

 お湯を沸かしている間に、平たい鍋を用意して、そこに150mL程度の水を入れ、さらに醤油、みりん、酒を各大匙2杯程度入れ、ついでに砂糖を1杯。
 
 さらに冷蔵庫の片隅に放置してあったショウガを少し切り、以前なべ物用に購入したゴボウを少し輪切りにして加えました。

 この中に湯通しした魚を並べ、鍋の蓋は利用せずに、上に落し蓋をのせ加熱。数分で煮立ってきますので、少し火を弱くして煮込みました。

 20分ぐらい煮込んだと思いますが、出来上がりを食べてみると、煮汁の味がちょっと薄いものの、まずまずの味。久しぶりのクロムツだあと思いながら完食。

 食べ終わって、そういえば写真を撮らなかったと愕然。食い気の方が勝っていました。



第336回 荒忠のイワシの糠漬け(へしこ)

  北陸旅行に行った折に、金沢の近江町にある大口水産で糠イワシ(コンカイワシ、ヘシコとも言います)を購入。自宅に戻って食べてみると、これが実にうまい!。

 石川県出身の母親にも好評だったため、それならと思い楽天で検索したら「荒忠」というお店が出てきました。以前近江町で、似たようなビニール入りの糠イワシを買った時は、味がいまいちでがっかりしたので、ちょっと心配でしたが、安かったので試しに購入。(2匹で400円です)

 到着の期日指定をして、待つこと1週間ぐらい。先日そのうちの1匹を焼いて食べてみました。すると大口水産の糠イワシに比べると、ほんのわずかですが糠の味のしみ込み具合が薄いものの、まずまずの味でした。

 これなら母親にも喜んでもらえるとおもい、6匹買ったのでとりあえず2匹をおすそ分け。「これは旨い」ということなら、あと2匹追加で渡そうと思っています。

 送料がクール便なので800円かかりますが、石川県まで行くことを考えれば安いものです。また賞味期限も三か月ほどあるので、じっくり待って必要な時に取り出して食べることができそう。

 ちなみに料理というか食べ方ですが、そのまま食べてもよいと説明に書かれていましたが、私はあぶるのが好きです。また先日身をほぐして、ご飯の上にかけ、さらに永谷園のお茶漬けを買ってきて、お湯をかけて食べましたが、これは良かったです。

 若干小骨がありますが、カルシウムだと思い、尻尾以外そのまま全部食べています。口の中で骨が刺さったという経験はありません。ただ歯の間に小骨が挟まったという経験はあります。

 どんぶりに入れてご飯を何杯でも食べられそうですが、一度にたくさん食べると、しょっぱいので血圧が心配になるのがちょっと問題。ともかくおいしいのでお勧めです。

荒忠の糠イワシ(へしこ)