FC2ブログ
HOME   »  魚料理
Category | 魚料理

第424回 イカのしょうゆ煮を作ってみました

  昔母親が、酒好きだった私のために作ってくれた「イカのしょうゆ煮」を食べたくなって、そのレシピを検索。するとしょうゆ、酒、砂糖があれば簡単に作れることが判明。

 というわけで、早速スーパーでスルメイカを購入。いつもはこれをバターで焼いて、仕上げにちょっとしょうゆをかけて、、さらにマヨネーズをつけて食べることが多いのですが、今回はしょうゆ煮を作ってみることに。

 小さな鍋を用意して、そこに大匙3杯分のしょうゆを入れて、良く分からないままに砂糖の代わりにみりんを大匙1杯。水を加えてもいいのかどうかが不明だったのですが、見た目はやけに濃そうなので、試しに水も3杯追加。

 これを火にかけ、沸騰したころイカを投入。すぐに実が白っぽくなってきたので消火。そのまま放置。食べてみるとちょっと味が薄い。

 なるほどやっぱり水は入れない方が良かったのかと思い、再度ガスに点火。少し煮詰めて、イカの表面が薄いしょうゆっぽい色になったところで消火。

 食べてみると、味は良くなりましたが、今度は身が固くなってしまいました。というわけで改めてネットのレシピを見たら、水は使わずに、さらに煮詰めると固くなるという記載が多数。

 また砂糖は使わないものも多い。酒やみりんも人によって利用は様々。というわけで、基本はしょうゆはなるべくそのまま。短時間煮て、あとは自然冷却で味をしみこませるというのがコツかなと感じました。

 ちなみにこの方法で、里芋やジャガイモ、ナス等を加えても良さそう。ただその場合は砂糖等を加えた方がおいしくなりそうです。

イカのしょうゆ煮

第414回 モランボンのみそ煮用つゆでサバの味噌煮

  実は年末からシルバー人材センターでアルバイトもどきをしていたのですが、そこの職場でちょっと手首をひねってしまいました。最初はそれほど痛みもなかったのですが、帰宅するころには痛みが増し、翌日は腫れてきました。

 すぐ近くにある整形外科の診療所でレントゲン撮影してもらうと、はっきりした影は出ていないが、手首付近の骨は複雑で腫れを見ると内出血している可能性が大きく、当面ギブスで固定した方が良いだろうという診断。

 というわけで、指の付け根から手首まで固定されてしまい、ともかく何かと不便。特に調理やその後の食器洗いに苦労しています。てなわけで、ここの所料理補助食品を活用する機会が増えています。

 一昨日はスーパーに行って、サバの味噌煮が食べたいなと思い、新鮮な」サバの切り身を購入。続いて味噌煮なら以前は自力で作ったことがあるなと思いつつ、ふとサバのそばの棚を見たらモランボンの「味噌煮用つゆ」というパックを発見し、今回はこれで作ることに決定。

モランボンのみそ煮用つゆ

 帰宅後、鍋にこのつゆを入れて加熱。そこに半身になっていたサバを水洗いし、さらに半分に切ったものを並べ、上から木の落し蓋をのせました。

 あとは加熱するだけ。10分ほど煮込んで、落し蓋を取って少し弱火にして様子を見ながらさらに10分ほど煮込むと、つゆが煮詰まってきて味噌煮風になりました。

 早速食べてみると結構うまい!自分でつゆを作ったほうが何かと経済的だし、味噌も自分好みになりますが、今の腕の状態を考えると、これはそれなりに利用できるなという感じです。

 ただ食べてから気が付いたことですが、最初にちょっとサバに熱湯をかけて臭みを抜いたり、皮の方に包丁でバツ印の切れ目を入れておいた方が、味や見た目も良かったような気がします。

検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 大学生の息子と二人暮らしをしている60代のおじさんです。二人暮らしは、2015年現在6年目に入っています。

 料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っています。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
35位
アクセスランキングを見る>>