FC2ブログ
HOME   »  鶏肉料理
Category | 鶏肉料理

第421回 ダイショーのチキンソテーの素は結構おいしい

  今日はうまいチキンを食べたいなと思いながらスーパー内を主婦の皆さんに交じってウロウロ。購入したのが唐揚げ用のチキン肉を300gぐらい。

 これをどうやって食べようかと肉を見ながら考えていたら、すぐ近くの棚の上のほう、ちょうどうまく視線が行きかう場所に「チキンソテー」と書かれたパックを発見。

ダイショーのチキンソテーの素

 販売会社はダイショーというところで、冬場の鍋物のタレでよく目にするようになりました。というわけで、「まあこれでよかろう」と判断して購入。

 表面には「ガーリック しょうゆ味」と書かれています。作り方の例を見ると鶏もも肉を切り分けてステーキ風にしているようですが、唐揚げ用のもも肉でも問題なさそう。

 帰宅して、唐揚げ用のもも肉がちょっと大きく見えたので半分にしました。続いて、パック内に入っていた「皮目用調理粉」というのを皿に広げ、ここに肉の皮側をのせて2分ぐらい。

 フライパンを用意して、作り方には油をひかずと書かれていましたが、我が家のフライパンは徐々に古くなり、ところどころ皮がくっつくようになってしまっているので、オリーブオイルを少々。
 
 中火にして肉を投入。皮のほうに焼き色がついたことを確認して裏返して5分ぐらい。さらにあらかじめ水50mLで溶いておいたソテーソースを流し込み、中火で3分。

 要するにパッケージ裏側に書いてある通りの調理法ですね。出来上がってものを食べてみると、結構うまい。もも肉そのものも柔らかいし、意外に手軽にできるんだなと感じました。
 
 もう一工夫するなら、刻みニンニクやトウガラシを入れてもいいかも。パッケージには2回分の量が入っていたので、次回これらを加えてみようかなと思っています。

ダイショーのチキンソテーの素で作ったチキンソテー  


第413回 チキン胸肉のシンプルガーリックソティ

 以前は鶏肉というともも肉ばかり使っていたのですが、最近は胸肉をよく使うようになりました。理由は健康のため脂質に気を使うようになって、ネットで調べると胸肉を推奨しているページが多いことに気が付いたからです。

 またもも肉に比べると値段が安いのも大きな魅力。もも肉だと100gが安くて150円ぐらい。ちょっとしたブランド鶏になると、場合によっては200円を越してしまいます。それに対して胸肉は100gで100円ぐらいのものが多いような気がします。
 
 ではどうやって食べるのか?トマトソースやピカタ等、いくつか試してみましたが、ここのところ定番となっているのが単なるガーリックソティ。
 
 先ずは市販のニンニクひとかけらを用意して、皮を剥いてこれを微塵切り。続いて胸肉を厚さ1~1.5cmの断片にスライス。そのスライスに塩コショウ。 

 これで準備完了。フライパンを用意してオリーブオイルを入れ、ニンニク投入。ジュワジュワという音が聞こえてニンニクの香りがしてきたら鶏肉を並べて焼きます。

 両面に火が通れば出来上がり。準備さえできていれば料理そのものは10分もかかりません。食べてみるとシンプルな味付けの割にニンニクの味が映えておいしいと思います。

 以前はこれにとろけるチーズをかけて食べたこともありますが、これも美味しい。胸肉自体はそれ程個性的な味ではないので、逆に加える香辛料の味でおいしさが左右される感じです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 大学生の息子と二人暮らしをしている60代のおじさんです。二人暮らしは、2015年現在6年目に入っています。

 料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っています。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
35位
アクセスランキングを見る>>