父子家庭のお気楽料理

2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ カレー、シチュー
CATEGORY ≫ カレー、シチュー

第364回 ジャワカレーとこくまろカレーのブレンドカレー

  だいぶ暖かくなってきたので鍋物は一休み。冷蔵庫にニンジンが余っていたので、たまにはカレーでも作るかあと思いスーパーへ。

 買ったのは、新タマネギ。やはりこの時期の新タマネギは、いつものものより多少おいしく感じられます。「多少」と書くのは、以前は家庭菜園で作っていたからで、その味に比べればという意味です。

 カレーそのものは市販のルーを使うことが多いのですが、これまでの経験でベースにするのは「ジャワカレー」の中辛。これだけでもいいかなと思ったのですが、冷蔵庫の片隅に以前チョッと使って、余りがあった「こくまろカレー」があったので、これを加えてとろみの調整をすることにしました。

 また肉は、カレーの味は肉の味に大きく左右されるなということが分かってきたので、いつもの豚肉ではなく「なんとか豚」という名前が付いた、いわゆるブランド豚のカレー用肉を選択。

 使うのは200gぐらいなので、多少高くなってもそれほど家計には影響しません。ニンジンは今は安いものがいっぱい出ていますね。ただおいしいものは少ない。

 以前はニンジンも家庭菜園で作っていたので、その違いは明らか。家庭菜園で作ったとれたてニンジンは、見かけがどれほど貧弱であってもニンジンらしい匂いが強烈です。スーパーのニンジンは残念ながらほとんど匂いがしません。

 そしてジャガイモ。今は新じゃがの季節なので、比較的おいしいものが出ていますが、やはり家庭菜園のものがおいしい。というわけで今年は庭先の1坪家庭菜園でも作っていますが、時期的に種芋を植えたばかりです。

 というわけで材料はジャガイモ1個、ニンジン半分、玉ねぎ1個、肉を200gとルーが半量。作り方はパッケージに書いてある通りですが、出来上がりにルーを入れて煮込むとき、カレーのとろみ具合を見て「こくまろカレー」を少々追加。今回は割とうまくいってまろやかになりました。

 これに息子はカツカレーが好きなので、手作りトンカツをプラスして、豪華?カツカレーが出来上がり。おいしく食べましたが、大人二人では食べきれず、今日のおかずもカレーとなりそうで、これが唯一の欠点です。



第358回 S&Bの欧州ビーフカレー

  面倒だなと思いながらも夕食の用意を行ってほぼ10年が経過。この間に、微々たるものですが料理のレパートリーも広がっています。

 しかし三食すべてを自炊で頑張るというのはかなり厳しい。さりとて外食を増やせば当然食費は多く必要で、好きな旅行に出かけるためにもなんとか自炊を続けないとと自分に言い聞かせています。

 そんな中、昼食が意外に面倒ですね。残り物を食べるときが多いのですが、残り物がない!という時もあります。そんなときはしょうがないのでレトルトカレーを選ぶことも多いのですが、なかなかおいしいカレーに出会えません。

 先日はいつも買う200円前後のものではなく、それより少し高いS&Bの「欧州ビーフカレー」というのを選んでみました。

S&Bの欧州ビーフカレー

 パッケージの写真の肉がおいしそうに見えたからです。お湯の中で3~5分と書かれていましたので、4分間温めました。500Wの電子レンジなら2分ということですが、どうもレンジだと加熱が均一にならないことが多いので、私はいつもお湯を使っています。

 タイマーをかけて4分お湯の中に入れ、これをあらかじめ電子レンジで少し加熱した余っていたご飯にかけました。私はちょっと冷たいぐらいの余りご飯に直接かけることもあります。

 レトルトの中からは、確かにパッケージの写真の通り、ちょっと大きめのビーフがごろごろと出てきました。ただしその他の野菜の姿は見えません。

 食べてみると肉は柔らかくて食感は良いです。ルーの味は割とマイルド。しかし食べ続けているとカレーの辛さを感じるようになります。

 「割とおいしいな」とは感じましたが、なんかマイルドな味と辛さのバランスが悪いなとも感じました。この辺り表現が難しいのですが、おいしいとは思うものの、たらふく食べたいという気にはなれない味です。

 アマゾンのレビューを見たら、高評価をしている人も多いみたいですね。まあ味は人それぞれ好みがありますから、食べてみるしかないわけですが、今のところ私の評価の第一番は、五島軒のカレーです。