父子家庭のお気楽料理

2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 外食
CATEGORY ≫ 外食

第284回 鈴廣のあげカマを紹介します

 鈴廣で買ったお土産ですが正式名称は「鈴廣のあげかま」と言います。内容は基本的にさつま揚げですが、木の葉の形をした生姜味のもの、通常の長方形で胡麻の香りがするもの、扇側のエビの味がするもの、ヒョウタンの形をした青のり風味のもの、白色で梅の花の形をしたものの5種類、各2枚ずつが入って1100円です。

鈴廣のあげカマ

 通常スーパーでこういったさつま揚げの類を購入すると200円ぐらいだと思われますが、大きさはたぶん2~3倍になると思います。それでも高いじゃないかと思う人もいると思いますが、食べると納得です。

 どのあげカマも、スーパーのものに比べると微妙な風味の違いがあり、味も濃くておいしいです。スーパーのものは歯ざわりというか食感は良いのですが、本当の魚の風味があまりしません。

鈴廣のあげカマ

 鈴廣のものは、きちんと魚の風味があり、しかもしっかりとした歯ごたえがあります。5種類10枚入っているのですが、一度買ってくると私と息子で3日ほどで食べきってしまいます。

 どうせならもっと買ってきてもいいなといつも思うのですが、保存料の関係系からか賞味期限が短いです。まあ妙に賞味期限が長いものは保存料もたっぷり入っていると思われますし、ちょっと名残惜しいぐらいの量がちょうど良いなとも感じます。

 ちなみに2枚目の写真は数が足りません。ちょっと食べてしまってか写真を取り忘れたころに気が付きました。木の葉揚げと白い白梅揚げ各1枚はすでに私の胃の中です。


第284回 小田原漁港の食堂でホウボウの刺身定食

 寒さが厳しくて出歩くこともままならず、いささかストレスもたまりがちだなと感じてきたので、今日は思い切って散財を覚悟して小田原まで行ってきました。

 埼玉の我が家から圏央道を使うと茅ヶ崎まで1時間ちょっとで行けます。そこから平塚でちょっと遊んで西湘バイパスを使って小田原へ。ちょうど昼時になったので、漁港の食堂へ、

 2階にあるお世辞にも美しいとは言えない食堂ですが、魚は新鮮で値段も手ごろです。表に出ていたメニューを見て、今日のおすすめ限定15食を選択。ホウボウの刺身だそうです。

おすすめ定食の内容

 ホウボウは三角形の頭をしていて、砂地の海底を、ひれを使って歩くように動き回っている魚です。かつて船でキス釣りをしていた時、外道としてよく釣れてきました。

 食券を買ってカウンターに提出。お茶はどこかなと探しているうちに番号を呼ばれました。出てきたのは大きなトレイに入った写真の定食。かなり豪華です。

ホウボウの刺身のおすすめ定食
 
 ホウボウの刺身とマトウダイの刺身はおいしかったです。マトウダイはカワハギの親分のような大きな魚ですが、黒い大きな斑点があるので、これを的にみたててマトウダイと呼ばれているのかなと思っています。

 さらにあら煮。何という魚なのかよく分かりませんでしたが、味はこってり濃厚でおいしかったです。写真でもわかるように結構量もあり、最近少食になった私は食べきれるかなと思っていたのですが、しっかりと完食。満足できました。

 食後は近くの「鈴廣」でお土産を物色。これについては明日書きます。