FC2ブログ
HOME   »  豚肉料理
Category | 豚肉料理

第416回 トンカツ用豚ロース肉のピカタ

  トンカツ用の豚ロース肉が3割引きというセールをやっていたので、2枚入りのものを購入。と言っても最近国産豚肉も飼料代が高騰しているのか100gあたりの値段が248円ぐらい?

 3割引きとなって175円ぐらい。どうせならカナダ産とかが安いので、そちらでもいいかという気にもなるのですが、国内の養豚業者さんを応援したい気持ちと、海外からはるばる送られてくるのに安いということに疑問も感じ、なるべく国産を買うようにしています。

 問題はこの肉をどう料理するかですが、購入した時は特に考えていませんでした。まあトンカツ用のロース肉ですから、当初はトンカツかカツ丼にするかと思っていたのですが、最近コレステロールの値を少し気にするようになったので、油を控えようと判断。

 だとすると・・・ここの所作っているのが、単に塩コショウをして焼くというシンプルな料理。これだけでもステーキ風の仕上がりとなり割とおいしいと思っています。

 まあそれでいいかと思って冷蔵庫を開けると、卵が目に付き、「よしこれを使って豚ロース肉のピカタだ」とメニューを変更。早速溶き卵を用意。

 続いて肉を取り出し筋切り。以前は筋切りのやり方も良く分からず、適当に切ったら見事に肉が反り返り困惑。今は大丈夫。肉に塩コショウをして、フライパンを用意。

 オリーブオイルを入れて、溶き卵にくぐらせたロース肉を中火で焼きます。数分で片面が焼きあがるので、ひっくり返して溶き卵の残りをさらに上からかけて、今度は弱火にしてフライパンに蓋。

 これでやはり数分。適当なところで蓋をずらして中を見て、頃合いを見て完成。これまたシンプルな料理ですが、食べてみると、塩コショウに卵の味が加わって、さらにおいしくなっていました。

 これにカツ丼用のつゆを作って掛ければカツ丼もどきになるなと思いつつ、完食。息子も「うまい!」と言ってくれ、ほっと一息です。

第408回 モランボンの「煮豚のたれ」でヒレ肉を煮詰めてみました

 スーパーの精肉コーナーの棚を見るたびに目につくモランボンの「煮豚のたれ」。裏面を見ると豚ブロック肉(豚ロース、ももなど)と書かれているのですが、私は最近頸動脈の一部に狭窄が見つかり、血中コレステロールを下げた方が良いと言われています。

モランボンの煮豚のたれ」

 ただし秋口に行った特定検診では中性脂肪やHDLコレステロールの値は問題なく、LDLコレステロールだけが基準値139をわずかにオーバーして145となっています。

 というわけで、一応コレステロールの摂り過ぎには注意しないといけないと思っているのですが、豚ロースやもも肉にはコレステロールも含まれていそう。

 ネットで調べると赤身肉には少ないと書かれていたので、それならばと思い「ひれ肉」を購入。いつもはこれでヒレカツを作っているのですが、脂物は良くないだろうと考え、このタレを使ってみることにしました。

 作り方は簡単、水400mLにこのたれを混ぜ、あとは落し蓋をしてひたすら煮込むだけ。時間がかかるのが欠点ですが、まあこれはしょうがない。

 自宅に帰って厚手の鍋を用意して、オリーブオイルを少し入れてまずは、暑さ1cmぐらいに切ったひれ肉の両面を焼きます。焼けたところで水とたれを入れ落し蓋をして40分と書いてありましたが、ちょっと時間の関係もあって30分に短縮。

 30分後蓋を取って15~20分と書いてあったので、約15分に詰めて出来上がり。へえ~、こんな感じかと思いつつ鍋から肉を取り出し食べてみると・・・・ひれ肉なので結構柔らかい。

モランボンの煮豚のたれを使ったヒレ肉の煮豚

 味は・・・なかなか良いバランスですが、私には少ししょうゆっぽい味が強いように感じました。息子は「いいんじゃない」と言っていましたから、まあそこそこおいしいのではないでしょうか。

 パッケージには好みで大根やゆで卵もと書かれていましたが、確かにそういった食材にも合いそうな味です。ゆで卵なら煮卵、大根の場合は照り煮みたいな感じになりそうです。

検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 大学生の息子と二人暮らしをしている60代のおじさんです。二人暮らしは、2015年現在6年目に入っています。

 料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っています。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
35位
アクセスランキングを見る>>