FC2ブログ

父子家庭のお気楽料理

2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 野菜料理
CATEGORY ≫ 野菜料理

第392回 日本ハムのチンジャオロース

 私は日本ハムの中華名菜シリーズの味を好んでいます。というわけで、いつもは「八宝菜」や「酢豚」を買うことが多いのですが、今回は「チンジャオロース」を購入。理由は単純。市民農園で大量のピーマンが収穫できているからです。

日本ハムのチンジャオロース

 パッケージの表書きには「ピーマンがあればすぐできる」といううれしい文字もあります。裏面の材料を見るとピーマン5~6個約120gと書かれています。

 ただこの手の味付けは我が家には若干濃いと感じられることも多いし、我が家のピーマンは実はしっかり引き締まっているものの、大きさは小ぶりなので、今回は8個を使用。

 さらに、パッケージには豚肉・たけのこ・ソース入りと書かれていたので、よりおいしく食べるために豚肉も100gほど追加。早速ピーマンを洗って縦割りにして、さらに細長く千切りに。

 肉の方も、いつもは数㎝の幅出来るのですが、チンジャオロースの中に入っている肉は細身の肉が多いことを思い出して、0.5~1cmぐらいの細切りにしました。

 フライパンを用意して、パック内の「具」を炒めましたが、最初に入れたオリーブオイルの跳ねがすごいですね。続いてピーマンや肉を投入してガシガシ炒めること数分。

 ピーマンや肉に火が通ったことを確認して、パッケージ内の「ソース」も投入。全体を混ぜ合わせて出来上がり。この中華名菜シリーズの作り方は、どれも基本的には同じなので、どれか一つの作り方を覚えると後は簡単です。

 材料が用意できていれば、10分程度でできます。出来上がったものを早速食べてみると、そこそこうまい。まあ中国料理レストランで食べるような味にはなっていないようですが、肉を入れたことでおいしくなったような気もします。

 ただし息子の評価は、おいしいけどちょっと味が濃い、というものでした。その意味では、添付されたソースをすべて使い切る必要はないのかもしれません。

 

第384回 ナスの肉みそ炒め、唐辛子入り

 暑い日というより猛暑が続いています。ただ私は13~17日までバンコクにいましたので、日本の暑さからは若干逃れることができました。

 今年のバンコクは、昼間の最高気温が30数度でしたから、ショッピングモールのレストランではエアコンが効きすぎて、むしろ寒いと感じるぐらいでした。

 ところが帰国して成田空港に降り立つと、夜の8時ごろだというのにものすごい熱気を感じびっくり。それにしても、この暑さはまだまだ続きそうな気配で、「こりゃまいったな」というのが正直な感想。

 そんな中、海外旅行で散財しましたので、これからまた自宅では節約生活です。というわけで旅行中ほったらかしにしてあった市民農園に行ってみると、トマトとナスが出来ていて、昨晩はさっそくサラダとナス料理を作りました。

 ナス料理のほうは、このところ味が気に入っているキッコーマンの「ナスの肉みそ炒め」という料理補助食品を使用。この製品で必要なのは基本的にはナスだけです。

 ただそれだけでは物足りないというか味に深みが出ないなと思っているので、たいてい豚小間肉を少し加えています。しかし今回は、これにさらに冷蔵庫内に残っていたニンジンと、庭先で作っていた唐辛子が赤くなっていたので、これも追加。
 
 唐辛子の使い方は良く分かりませんでしたが、まあ切り刻んで一緒に炒めればいいだろうと判断。加えたのは長さ7cmぐらいの比較的大きな唐辛子を3本。
 
 ナスは3本、ニンジン1本、豚小間肉が70gぐらい。それぞれを適当と思われる大きさに切り刻んでフライパンを用意。オリーブオイルを入れて一気に強火で炒めます。

 ガシガシとかき混ぜて3分ぐらい。ナスが焼けたころを見計らって、若干火を弱くしてパッケージ内の「総菜の具」「特製味噌だれ」を加えて、再び強火にしてかき混ぜて出来上がり。

 今回は唐辛子を入れたので、以前利用した利根川商店の味噌だれは加えませんでした。食べてみると、この製品特有の甘味噌の味が主になりますが、そこに猛暑にふさわしいピリッとした唐辛子の味が加わって、「いつもよりうまい」と思える味になりました。

 息子も食べた瞬間に「これはうまい!」と言ってくれましたので、ちょっと工夫した甲斐があったなと思っています。唐辛子を加えると夏場にふさわしい味になるようです。