父子家庭のお気楽料理

2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 料理全般
CATEGORY ≫ 料理全般

第226回 自宅の狭い庭で家庭菜園もどきを始めました

  これまで安く利用していた家庭菜園用の土地ですが、遺産相続の関係で返却することになりました。私はアトピー持ちなので、出来れば無農薬の野菜を食べたいなと思って利用していたので、ちょっとショックを受けました。

 その後市が運営する家庭菜園用の土地を見学してきたりもしたのですが、自宅から遠かったりする上、利用料が家庭菜園ブームなのか妙に高いです。

 というわけで、しょうがないので自宅の駐車場の一角にプランターを数個用意。先ずは種さえ撒けばなんとかなると思われる「大根葉」を撒きました。

 すでに10cmぐらいの高さになりましたが、この大根葉と油揚げのコンビネーションの味噌汁が大好きです。大根葉をあらかじめごま油で揚げておくと、おいしさはさらに増します。

 またもう一つのプランターには「水菜」の種を撒きました。こちらは成長が遅いので、まだ2cmぐらいの大きさです。

 さらに猫の額ほどの土地が庭先にあり、ここは雑草が生い茂っているのですが、思い切って草を取り少し耕しました。広さにすると1.5m四方ぐらい。

 ここに昨日カインズホームで買ってきたキューリとトマト、ピーマンの苗を2本ずつ植えました。土地そのものは小さな石ころが多数混じる最悪の場所ですが、台所で出る屑野菜や米のとぎ汁を適度に撒いて、少しずつ土の改良をしようかと思っています。

 ちなみにトマトは中玉がおいしいと思っています。ミニトマトは作りやすくて数もいっぱい獲れるのですが、甘みにかけます。大玉は作るのが難しい。

 さらに言えば、もぎたてのトマトの味は、スーパーのどんな高級なトマトの味より良いです。トマトだけなら、50cm四方の土があれば育つような気もします。

 さてどうなるか?植物の成長を見るだけでも楽しいのですが、更にうまくいった暁にはおいしい野菜が食べられるというおまけ付き。今日はポットに枝豆を撒こうかと思っています。



第175回 シニアの朝食メニューの定番は?

 この間定番メニューが続いているため、更新が滞っています。鍋物やおでんを作り、昨晩は最近おいしさに目覚めた黒豚カレーでした。使ったルーはいつもの「ハウスジャワカレー」をメインにして、とろみをつけるためにゴールデンカレーを若干追加。

 それ以外にカレー粉なんぞを加えて、肉は黒豚。たまねぎはスーパーで買いましたが、ジャガイモとニンジンは家庭菜園で出来たもの。

 結構たくさん作ったので、今日もこのカレーになりそうですが、同じ味だと飽きるので、ヒレカツぐらいを新たに作って、ヒレカツカレーにしようかなと思っています。

 朝食はアジの干物と目玉焼き。定番です。味噌汁はこれも家庭菜園でとれた壬生菜と水菜の味噌汁。繊維質たっぷりです。

 定番メニューなので、今日もブログの更新は出来ないかなと思っていたのですが、ふと同じ年代のシニアの朝食メニューはどんなものなんだろうと言うことが気になって、ネットで調べてみました。

 するとまあ当たり前のような気もしますが、シニアになると必然的に早寝早起きになるので、朝食の摂取率も高くなり70代以上は、ほぼ100%という結果のようです。私の場合も1年に1回だけ、健康診断のため朝食を抜くと言うことを除いて、たぶん100%食べていると思います。

 ところがメニューが私の想像とは違って、ご飯派は4割程度。パン派が5割程度。残りの1割が混合ということのようです。しかも高齢になるとパンが増える傾向もあるようで、ちょっと意外です。

 ごはんよりもパンの方が胃に易しいという印象があるのかなという気もします。パン派の息子に言わせると、「朝からごはんを食べて味噌汁なんて」という言い方をします。

 では朝にごはんを食べているシニアのおかずは何か?多かったのは「納豆」「卵料理」「サラダ」といった感じで「干物」は意外に少ないようです。

 と言うことは、朝の定番ごはんメニューは、納豆に目玉焼き、味噌汁はワカメあたりが定番なのかなという気がします。
 
料理全般 | Comments(0) | Trackbacks(-)