父子家庭のお気楽料理

2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 焼き物
CATEGORY ≫ 焼き物
       次ページ ≫

第315回 浜松餃子を購入

  普段あまり利用しない、ちょっと遠いところにあるスーパー内をウロウロしていたら、地元のスーパーではあまり見かけないおいしそうな冷凍餃子を発見。

 餃子と言えば宇都宮かなと思ったのですが、パッケージには「冷凍生餃子 浜松餃子」と書かれています。その横には創業50余年 餃子専門店の味と書かれていて、赤い袋に入っています。

 裏面の原材料名を見ると、野菜としてキャベツ、たまねぎ、ニラ、ニンニク、ショウガと書かれていました。全部で30個入り。値段が600円前後だったような。

 いつもは味の素の冷凍餃子を買うのですが、たまには違ったものをと思い購入。帰宅して焦げ付かないフライパンを用意して、油をわずかに利用。

 フライパン内に重ならないように丁寧に並べ点火。端っこの方に焦げ目がつきはじめたころ、指示通りの水を加えて蓋をしました。フライパンの中ではジュワジュワ音がして、いかにも焼けている感じです。

 強火で5分ぐらい焼いて蓋を取ると水は蒸発して、餃子の周りに薄い焦げ目のついた膜が広がっています。さらに弱火にして、ごま油を少々加えて待っていると当たりに餃子の良い香りが。

 火を止めて、焦げ付かないフライパンですのでフライ返しを使って取り出すと、ひじょうに簡単に取り出せました。これにラー油としょうゆをつけて食べてみると・・・・う~ん、確かにおいしい。

 いかにも餃子らしい味がします。味の素の餃子に飽きた方にお勧めです。

浜松餃子


第85回 朝食に美味しいアジの干物

 フルタイムで働いていた時は仕事でストレスがたまるので、よく日帰りや、1~2泊の国内旅行を楽しんでいました。もともと旅行が好きで、さらにどちらかといえば海を見るのが好きなので、湘南や伊豆、新潟方面に出かけていました。

 また海を見ているだけでなく、そこで釣りを楽しむということも良くやります。今でもたまに湘南の平塚や伊豆の伊東温泉あたりで、白キスを狙って投げ釣りをしたりします。

 そんな中、陸からはなかなか狙ったものが釣れないので、乗合船で沖に出て釣りということも良くやりました。一番良く通ったのはアジ釣り。平塚からの船では、小さいと20cmぐらいですが、大きいものは40cm以上のアジを釣ったこともあります。

 そんな経験を通して、自然に「魚の鮮度」ということが分かるようになりました。最近はスーパーでも鮮度の良い魚を見かける機会が増えましたが、先ず見る場所は「目」です。

 釣ったばかりの魚の目は透明で、その中に黒目がはっきり見えます。ところが時間が立つにつれ、徐々に濁りが出て白くなっていきます。つまり目が白くなっているような魚は古い、ということになります。

 また、えらを見れば、本来真っ赤なエラが、時間と共に赤黒く変色していきますので、これも目安になります。

 ついでながら、最近は釣りには行きませんが、朝食ではアジの干物を食べる機会が多いです。このアジの干物、美味しいものと妙にしょっぱいもの、身が固いもの、脂が乗っているもの乗っていないものといろいろあります。

 美味しいものの見分け方ですが、やはり脂の乗りが大きいです。そこで良く脂が乗っているアジを選ぶには、干物になって開いた形が全体としてなるべく丸くなっているものを選ぶと良いです。安くてあまり美味しくないものは細長く、尾を頂点にした二等辺三角形のような形が多いです。

 さらに、開いた状態で内臓の部分をみると、白い脂身の部分がわずかに見えます。これが多いか少ないかでも美味しさが判断できます。

 焼くときは先ず開いた身のほうを焼き、その後ひっくり返して少しだけ皮の方を焼きます。ちょっとこげ目がついたぐらいが一番美味しいように感じています。

 朝忙しいときは、おいしいアジの干物、目玉焼き、味噌汁とごはんがあれば、私には充分と感じられます。

焼き物 | Comments(0) | Trackbacks(-)