FC2ブログ
HOME   »  牛肉料理
Category | 牛肉料理

第401回 オージービーフのサーロインステーキ

 いつの間にか12月も終わりが近づき、あれほど暑かった猛暑の記憶も遠くなりつつあります。そんな中、昨日はクリスマスイブということで、スーパーではローストチキンが多数販売されていました。

 しかし値段を見ると「高い!」という印象の上、チキンにかかっているタレが妙に甘そう。私はアトピー性皮膚炎の持病があり、甘いものを食べすぎると皮膚の状態が悪化します。

 まあある意味食べすぎないようなセンサーの役割を果たしているなと思っているのですが、旨そうなチキンが食べられなかったのはやはり不満。

 というわけで、昨晩は急遽「オージービーフのサーロインステーキ」を作りました。2切れで1000円という肉があったからですが、まあささやかながらちょとした贅沢です。

 ちなみにこの肉にはパッケージに塩コショウやハーブが入った調味料もついていましたので、これも使いました。帰宅して夕食準備の時間となり、ちょっと肉を冷蔵庫から30分ほど出して常温に。

 続いて冷蔵庫内に余っていたニンニクのひととかけを包丁でみじん切り。肉の方はビニールを破って、フォークで表面をぶつぶつと突き刺し、添付の調味料を両面にまぶします。

 用意が出来たところでフライパンを用意して、今回はオリーブオイルを使用。中火でこれを加熱しニンニク投入。にんにくの香りが立ってきたところで、肉を並べて焼きます。

 ステーキの場合、この火加減や焼き時間が一番問題だなと思うようになっています。だいたいが焼き過ぎてしまうことが多いのですが、この日はうまく行きました。

 先ずは2分ほど片面を加熱。ちょっと肉を持ち上げて茶色い焦げ目が一部に着いたことを確認して反転。今度は弱火にして蓋をして1分加熱。加熱後はそのままで余熱で焼きました。

 出来上がったものを食べてみると、ちょうどうまい具合にミディアムぐらいに焼けていました。いつも裏返してから数分焼いてしまい、ウエルダンという状態になることが多かったのですが、今回は大成功。

 ハーブの効いた香辛料の香りもしておいしかったです。食べた後に、写真を撮影しなかったことに気が付きました。うまく行ったのに残念です。

第397回 モランボンのステーキダレで牛肉とピーマンの炒め物

 昨日は、午後スーパーに行ったら賞味期限切れまじかのおいしそうな牛肉が4割引きで販売されていました。と言っても元が結構高いので、200gぐらいで700円ぐらいです。

 それでも肉の顔つきは良さそうだったので。「買っちゃえ!」と思って購入。実は午前中に今年から始めた市民農園に行って、そろそろ時期的に終了を迎えつつあるピーマンを収穫して、これの利用を考えていました。

 最近になって、牛肉とピーマンと言うのは相性が結構良いことに気が付いていたので、これで「牛肉とピーマンの炒め物だ~」と思ったわけです。

 しかし問題は味付け。いくらおいしい牛肉と味の濃い自家製ピーマンであっても、塩コショウと醤油と言うのでは、なんかもったいない。

 「どうしよう?」と考えて、牛肉が販売されている棚の上を見たら、スーパーの戦略なのか、うまい具合に「モランボンのステーキソース」が置かれていて、「よしじゃあ今日はこれを使ってみよう」と決断。

モランボンのステーキソース


 タレの説明書きを見たら、ピーマンの文字は入っていませんでしたが、まあ問題なかろうと判断して、帰宅して調理開始。

 ピーマンを水洗いして。ヘタをカット。さらに縦に二分割して内部の種を撤去。これをさらに縦に二分割してピーマンの準備が終了。

 大きめのフライパンを用意して、オリーブオイルを入れて牛肉とピーマンを炒めます。全体に火が通ったら、買ってきたステーキのたれを上からドバっとかけて、さらに全体をチャチャッと混ぜて出来上がり。

牛肉とピーマンの炒め物

 食べてみると、意外に旨い!さすがモランボンだなとか思いながら食べましたが、ちょっと甘めの醤油ダレという感じでしょうか。次回はこれに七味や唐辛子、場合によってはニンニクを加えてもいいかなと思っています。


検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 大学生の息子と二人暮らしをしている60代のおじさんです。二人暮らしは、2015年現在6年目に入っています。

 料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っています。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
35位
アクセスランキングを見る>>