FC2ブログ

父子家庭のお気楽料理

2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 牛肉料理
CATEGORY ≫ 牛肉料理
       次ページ ≫

第365回 牛肉と白菜のうま煮

 夕飯のメニューが思いつかず、困ったなと思いながらスーパー内をウロウロ。すると精肉コーナーでおいしそうな牛肉を発見。100g298円ということでかなり安い。

 肉の見かけも白い脂が適度に入っていておいしそう。というわけで、牛肉なら最悪バター焼きで食べられるなと思いつつ購入。

 帰宅して「さてどう料理するか?」と考えて冷蔵庫の野菜室を開けたら、以前使って半分ぐらい残っていた白菜を発見。そういえば白菜はすき焼きにも入れるなと思いついて、牛肉と白菜でおかずを作ろうと決断。

 ただし自分だけの知識では心もとないので、リビングのテーブル上に置いてあるノートパソコンでレシピを検索。すると実にたくさんのページがあってびっくり。牛肉と白菜は相性が良いんだなと納得です。

 というわけでそのうちの一つを参考にしながら、先ずダシ汁づくり。水を100mL程度。これに顆粒出しを適当に加え、そこに醤油、みりん、酒を手じかにある大匙で各4杯ずつ加え、さらに砂糖を小さじで4杯。

 分量はあとから思い出した時になるべく思い出しやすいように同じような数にしています。メモしておけばいいのだとは思いますが、そこまで気合を入れて作っていません。あくまでお気楽に料理ということです。

 これらをよくかき混ぜ準備ができたところで、今度は白菜。一応1枚1枚丁寧に洗って、適当な大きさに切ります。根本近くの厚い部分が気になりますが、ちょっと薄く切りました。

 さらに肉も食べやすい大きさに切り、準備万端。フライパンを用意して先ほどのだし汁を入れ加熱。すぐに煮立ってくるので、先ずは白菜の固い方を優先的に投入。

 さらに葉っぱと肉を投入。汁気が少ないので、最初は牛肉と白菜の炒め物みたいな感じですが、やがて白菜の体積が徐々に減り、牛肉と白菜の煮物という雰囲気に変化。

牛肉と白菜のうま煮


 全体に火が通れば出来上がりということでちょっと味見。すでに上記の記述で味の予想がついた人もいるかもしれませんが、ちょっと甘めになってしまいました。しかし肉の味もそこそこ良かったようで、初めて作ったにしてはまずまずの味でした。



第266回 肉じゃがを作りました

 うまい肉じゃがを食べたいと思い、肉じゃがのレシピをネットで検索。実はだいたいの作り方は分かっているつもりでしたが、どうも肉じゃがもどきになることが多く、料理屋さんで食べるようなホクホクした肉じゃがにならないなと思っていました。

 そこで今回は、作り方のどこに欠陥があるのか、最初に少しネットでレシピを検索。すると使っている材料や調味料は遜色ないのに、やり方の点で大きく異なっていることが一つありました。

 それは、最初に切った野菜や肉をじゃっかん炒めるという事です。そういえばシチューを作るときも最初に具材を炒めてからじっくり加熱と書かれていますね。

 炒めることによって何が変わるのかよく分かりませんが、とりあえずその方法でやってみることにしました。これまでは煮立ったお湯の中に具材をそのまま入れて煮ていました。

 さて、用意したのは牛小間肉250g、ジャガイモ大1個、玉ねぎ中1個です。人参を入れようと思ったのですが、買い置きがないことを作る直前に発見。今回はにんじん抜きです。

 具材を適当な大きさに切り、先ずはフライパンでこれらを炒めました。これを大きめの鍋に移し替え、水を加えます。水の量は材料がちょうど水をかぶるぐらい。

 これを加熱して煮立たせます。同時に顆粒出し、しょうゆ、みりん、創味のつゆ、砂糖を適当に入れます。しばらく過熱して蓋を取るとあくが出ているので、このアクを取りながら味見。

 ちょっと甘みが足りない気がしたので、味醂とキビ砂糖を追加。落し蓋をしてさらに弱火で煮ます。

 10分か15分経って再び落し蓋を取ってちょっと味見。だいぶおいしくなってきましたがちょっとコクがないと感じたので、更に創味のつゆ、エバラのすき焼きのタレをほんの少量追加。

 しばらく過熱を続け味見をすると、かなり本格的な味に近くなっていました。というわけで出来上がり。息子もうまいと言っいました。

 ジャガイモも予定通りホクホクして味が染みていて良かったです。やはり最初に材料を炒めたほうが、味がよく浸み込むような気がします。