父子家庭のお気楽料理

2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ サラダ
CATEGORY ≫ サラダ
       次ページ ≫

第368回 ポテトサラダを作ってみました

 急に暖かくなってきたので、熱いものは食べたくない。さっぱりとしておいしいものを食べたいと考え、「では何にしようか?」と自宅で考えていて、突然思いついたのがポテトサラダ。

 スーパーには新じゃがが出ていて、キューリもハウス栽培だと思いますが新鮮なものが販売されています。さらに冷蔵庫には先日使ったニンジンが干からびそうになりながら転がっています。

 ジャガイモも2個ほど余りがあります。その状況を見て、よしじゃあ作ってみようと決断。玉ねぎやニンジンは揃っているので、後はジャガイモが少し足りないだけ。1個40円程度のばら売りのものを2個購入。

 帰宅してどうやって作るんだろうと、手元にあったレシピ本を見ましたが、なんだかややこしい。じゃあネットだと思って調べてみると、ジャガイモの茹で方一つをとってみても、とにかくいろいろな方法があるみたいです。

 というわけで面倒になって味付け部分だけを見ると、どうやら若干の塩コショウとマヨネーズがあればよいみたいで、後はお好みでお酢をちょこっと加えれば良さそう。

 そこまで確認して、「よし調理開始!」と気合を入れて、最初に行ったのがジャガイモの皮むき。ネットのレシピでは新じゃがは皮つきで茹でるみたいなことが書かれていましたが、茹でてから皮を剥くとかなり熱い思いをすることが分かっているので最初に剥いてしまいました。

 皮を剥いたジャガイモを一口大の大きさに切り、これを電子レンジで数分加熱。加熱している間に鍋に水を入れ、お湯を作っておき、電子レンジで熱くなったジャガイモをこのお湯の中に入れます。

 その際、ニンジンも皮を剥いて薄くスライスして一緒に茹でました。茹でている間に玉ネギ4分の1を薄くスライスして水の中へ。さらにスライサーでキューリをスライス。

 この時点でようやく分かってきましたが、結構面倒。キューリを切り終えたころ、ジャガイモやニンジンも茹で上がったと判断して、お湯を切ってボウルへ。

 このボウルの中で、竹べらを使って全体をつぶします。つぶしながらお酢を少々タラタラとかけました。さらにマヨネーズは少し多めに入れて、全体を混ぜます。

 さらに玉ねぎやキューリも加えて、ひたすらかき混ぜて出来上がり。ただそのままだと妙に暖かいポテトサラダになってしまうので、冷たい方が世おいしいだろうと考え、適当な器に入れ冷蔵庫へ。

 夕食時食べてみると、思ったよりずっとうまい出来栄えでした。一部面倒な部分もありますが、慣れてしまえば何とかなりそう。スーパーの総菜売り場のポテトサラダも美味しいのですが、結構高いので、この味なら手作りで十分と思わせる出来でした。

ポテトサラダ 
  

第199回 大根サラダ

 家庭菜園で採れる大根が最盛期を迎えているのですが、どんなに頑張っても男二人の我が家では、3日に1本を消費するのが精一杯です。

 加えて私自身の大根に関する料理レパートリーがほとんどありません。大根というと、おでん、ぶり大根、その他の煮物、大根おろし、漬物、味噌汁の具あたりです。

 「これは困ったことになったな」と思っていたのですが、大根おろしが食べられるなら、「大根サラダ」もおいしいのではないかと思いつきました。

 早速ネットで調べてみると、大根だけのサラダから、それに様々な野菜等を加えた立派なサラダが多数紹介されていました。「なんだ、やっぱりおいしいんじゃないか」と思って、昨晩挑戦してみました。

 先ずは畑から新鮮な大根を1本引き抜いて、頭の方の部分を10cmほど切って、皮を剥いて、スライサーで薄いポテトチップ状にしてみました。

 ネットではこれを塩水に浸すという記事も多かったのですが、最近ちょっと血圧が上がっているので、水に浸しました。待つこと5分。サルで水を切って、器に入れてみたら、これが意外と多いのでびっくり。

 これにかつお節をかけて、さらに何かおいしくなりそうなものはと、冷蔵庫や棚の中を探して見つけたが「海苔」。手でちぎってふりかけのように掛けました。

かつお節と海苔をかけた大根サラダ

 最後にポン酢をかけて出来上がり。食べてみると、大根とかつお節はもともと相性が良いみたいです。それに海苔が加わったことで、ちょっとグレードがアップした感じ。

 私の場合は、これを焼酎水割りのつまみにしました。日本酒にも合いそうです。しかしこの程度ではまだまだ大根の消費は厳しい。今日は昼頃スーパーに行ってブリを買ってきました。当然ぶり大根です。



サラダ | Comments(0) | Trackbacks(-)