父子家庭のお気楽料理

2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ サラダ
CATEGORY ≫ サラダ

第199回 大根サラダ

 家庭菜園で採れる大根が最盛期を迎えているのですが、どんなに頑張っても男二人の我が家では、3日に1本を消費するのが精一杯です。

 加えて私自身の大根に関する料理レパートリーがほとんどありません。大根というと、おでん、ぶり大根、その他の煮物、大根おろし、漬物、味噌汁の具あたりです。

 「これは困ったことになったな」と思っていたのですが、大根おろしが食べられるなら、「大根サラダ」もおいしいのではないかと思いつきました。

 早速ネットで調べてみると、大根だけのサラダから、それに様々な野菜等を加えた立派なサラダが多数紹介されていました。「なんだ、やっぱりおいしいんじゃないか」と思って、昨晩挑戦してみました。

 先ずは畑から新鮮な大根を1本引き抜いて、頭の方の部分を10cmほど切って、皮を剥いて、スライサーで薄いポテトチップ状にしてみました。

 ネットではこれを塩水に浸すという記事も多かったのですが、最近ちょっと血圧が上がっているので、水に浸しました。待つこと5分。サルで水を切って、器に入れてみたら、これが意外と多いのでびっくり。

 これにかつお節をかけて、さらに何かおいしくなりそうなものはと、冷蔵庫や棚の中を探して見つけたが「海苔」。手でちぎってふりかけのように掛けました。

かつお節と海苔をかけた大根サラダ

 最後にポン酢をかけて出来上がり。食べてみると、大根とかつお節はもともと相性が良いみたいです。それに海苔が加わったことで、ちょっとグレードがアップした感じ。

 私の場合は、これを焼酎水割りのつまみにしました。日本酒にも合いそうです。しかしこの程度ではまだまだ大根の消費は厳しい。今日は昼頃スーパーに行ってブリを買ってきました。当然ぶり大根です。



サラダ | Comments(0) | Trackbacks(-)

第97回 トマトサラダ、ジャーマンポテト、鶏もも肉のトマトソース煮

 再び節約自炊生活が始まりました。5泊6日の旅行で、この間にほったらかしになってしまった家庭菜園で、大きなナスが5個、ピーマン2個、キューリ3本、さらに中玉トマトが多数真っ赤に色づいていました。

 このトマト、熟れてくると甘い匂いが出るのか、それとも赤い色に釣られるのか、鳥が食べにきます。そこで旅行前に網をかけたりしておきました。

 今回はその成果がありありで、およそ50個ぐらいの真っ赤なトマトを収穫することができました。ただ梅雨で雨が多かったせいか、一部のトマトはひび割れしてしまったのが残念。

 品種は「フルティカ」というもので、スーパーでは10個弱で400円ぐらいします。大きさは直径5cmくらいで、味は甘くて果物のようです。味についてはスーパーで買うものよりかなり良いと自負しています。

 これに1本だけ生えていたアスパラガスを加えました。(今年はアスパラの育ちが悪いです)


自家製中玉トマト(フルティカ)のサラダ

 さらにビールのつまみ用に、新ジャガとウインナー、とろけるチーズを使って、ジャーマンポテトもどき。メインは唐揚げ用の鶏肉に上記のナスとピーマンを加え、トマトソースで煮込んだもの。

新ジャガ、ウインナー、チーズのジャーマンポテト


 今回はカゴメの製品を使いましたが、デルモンテの方が美味しく感じられるようになりました。

唐揚げ用鶏もも肉、ナス、ピーマンのトマトソース煮


 というわけで、食べきれないほどの豪勢?な夕食となり、満足です。

 
サラダ | Comments(0) | Trackbacks(-)