FC2ブログ
HOME   »  ひき肉料理
Category | ひき肉料理

第420回 ナポリタンソースを少量追加したケチャップライス

 昨晩は息子が遅くなるというので、帰ってきてすぐにレンジで温めて食べられる夕食というのを考えて、定番ケチャップライスを選択。

 ちょっと固めにご飯を炊いて、炊いている時間帯で、玉ねぎ半分、ピーマン3個、ニンジン4㎝ぐらいをみじん切り。さらにスーパーで買ってきた黒豚のひき肉200gぐらいを用意。

 ごはんの炊きあがり時間を見ながら、フライパンにオリーブオイル。そこに上記の野菜、ひき肉を入れ、塩コショウ。塩は小さじ半分ぐらい。コショウはあらびきを少し多めに。

 全体をガシガシと炒めて、炒め終わったころいったん火をとめてご飯を用意。炊きあがったごはんを器に入れて適量を確認。これを炒め中の肉と野菜の上にのせて、上からドバドバとカゴメのケチャップをかけます。

 以前カゴメ以外のケチャップを使ったことがあるのですが、味が全然違ってしまい、食べなれたケチャップライスとは思えなかったので、最近は迷わずカゴメです。

 ちなみに今回は少量ですが、隠し味?にパスタ用のナポリタン用ソースも追加。再び点火して弱火で、全体を竹べらでガシガシとかき混ぜます。

 全体にケチャップ色が行きわたったところで調理終了。お皿に盛りつけて食べてみると、ほぼ予想通りの味ですが、ナポリタン用ソースを使ったことで、ケチャップの味に若干コクが出ました。

 さらにこれに薄焼きの卵を乗せて、オムライス風にして食べてもいいのですが、今回は省略。おいしく食べて完食です。ちなみに9時過ぎに帰宅した息子も、適量を皿に入れレンジで加熱。

 ちょっとニンジンの味が気になると言っていましたが、まあ満足したようです。

 

第404回 ロコモコに挑戦するもあえなく失敗

  ハワイが好きで毎年1回は旅行に行くのですが、昨年は母親の体調不良で旅行直前にキャンセル。幸いに母親の経過は順調で、今も入院はしていますが、退院まであと少しというところまで来ました。

 そんな中、私のほうは体の中に「ハワイに行きたい菌」が蔓延。これをハワイリピーターの間では「ハワイ病」と称しているようですが、治療の第一はハワイに行くこと。

 それが出来ない場合はハワイ関連の雑誌を読んだり、食品を食べたりすることで少し症状が緩和されます。というわけで、ここのところハワイアンコーヒーを飲む機会が増えているのですが、その粉も段々残り少なくなってきました。

 というわけで、昨日はネットでレシピを調べてハワイアンのロコモコに挑戦。結論から言うとあえなく、グレービーソースづくりで味が思うようにならず失敗。

 ただしハンバーグの方は割とおいしくできました。今回は牛ひき肉と玉ねぎ微塵切りのみの材料で、パン粉や牛乳は使わず。ただS&Bのハンバーグ作りに使うシーズニングを利用。

 ガラスのボウルにこれらの材料を入れて卵を加え、ひたすら混ぜ合わせます。私は手ではこねず、大きなスプーンでこねています。

 全体に粘り気が出たところでフライパンへ。スプーンで成形し、油はひかず、そのまま加熱。最初はちょっと強火で焦げ目をつけ、ひっくり返して弱火にして蓋をして加熱。

 今回玉ねぎはなるべく細かく微塵切りにして炒めることもしませんでしたが、食べてみるとなかなかうまい。しかし肝心のグレイビーソースはネットのレシピを参考にしたものの、「こんなもんだろう」と適当に作ったら、イメージと全然違うものが出来てしまいました。

 まあそれでも通常のソースで食べれば十分おいしいので良しとしました。ちなみに牛ひき肉は300gを使いましたが、この量で出来たハンバーグは4個です。

 玉ねぎをわざわざ炒めなくても、小さく微塵切りにすれば、パン粉や牛乳を使わなくても結構おいしくなるんだなと言うのが今回の収穫です。写真はありません。

 このハンバーグをパンにはさめば自家製ハンバーガーも出来そうです。

 
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
私が管理しているサイトです
プロフィール

hokucook

Author:hokucook
 大学生の息子と二人暮らしをしている60代のおじさんです。二人暮らしは、2015年現在6年目に入っています。

 料理は見よう見まねというより、ネットのレシピなんかを参考に、自己流で作っています。

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
35位
アクセスランキングを見る>>