FC2ブログ

父子家庭のお気楽料理

2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 揚げ物
CATEGORY ≫ 揚げ物

第90回 カラッと揚がる「鶏のから揚げ」に挑戦しましたが・・・

 昨日の朝刊に「鶏のから揚げの作りかた」なんていう記事が出ていたので、揚げるのは暑くて嫌だなと思いつつ、柔らかい鶏肉の香ばしい味を思い出して、久し振りに作ってみることにしました。

 作り方ですが、ボウルに醤油を大匙4杯。これにショウガとニンニクを加え、鶏肉を入れて揉みこむと書かれていました。私がこれまでに作っていたから揚げは、醤油とみりんに漬け込むというものでしたが、ちょっと作り方が違います。

 しかし、少しだけ食べるのにショウガやニンニクを買ってくるのは不経済なので、例によって安易にチューブ入りのものを使うことにしました。量は適当。ジュブっとチューブから出して3~5cmぐらい?

 次に小麦粉を薄くつけると書かれていましたが、これも私が以前やっていた方法は、小麦粉と片栗粉を混ぜる方法。「まあいいか、小麦粉だけで作ってみよう」と、皿に小麦粉を用意。

 鶏肉はから揚げようのもも肉を300g弱。いつも思うのですが、300gあっても、揚げているうちに油が抜けてしまうのか、最終的な重さはかなり減っているように感じます。(揚げすぎ?なんでしょうか。良く分かりません)

 ともあれ、鶏肉を先ほどのボウルに入れて、ちょっと揉んでしばらく放置。その間に乾燥ワカメと新ジャガの味噌汁、中玉トマトとキューリのサラダなんぞを作り、10分ほど経過。

 油用の鍋を用意して、サラダ油を入れて加熱。新聞の記事では、最初は170℃で揚げて、いったん取り出し3分放置。その後180℃で再度揚げるとカラッとする、と書かれていました。

 しかし我が家には油の温度を測るような温度計はありませんので、かなり適当。肉を入れてジョワジョワ音が出て揚がるようならヨシとして、1回目の揚げ。

 いったん取り出し、3分放置。ガスの火を若干強くして、温度を上げたつもり。再び投入。すぐに焦げ目がついてきたので取り出して皿へ。

 食べてみると、肉は柔らかくてニンニクの味がほのかに香り「うまい!」しかし衣はやはりべチャットしていて、これは失敗。2度揚げでカラッとなると話には聞いていますが、なかなかうまくいきません。

 写真は例によって撮りわすれました。どうも作っているときは夢中で、食べているときはアルコールが入って、いつの間にか忘れていることが多いです。


揚げ物 | Comments(0) | Trackbacks(-)

第59回 再びヒレカツに挑戦

 最近妙に豚肉が高くなったなと感じています。いかがでしょうか?以前は100g98円ぐらいから、高くても198円ぐらいだったと思うのですが、今は安くて138円、高いものは258円と言った牛肉並みの値段が付いていることもあります。

 実際にはこれにさらに8%の消費税が加算されますから、主婦の方は頭が痛いと思います。

 原因は天候不順による豚さんの育成不良、海外から輸入している餌代が円安で値上がりしていることみたいですが、いずれにしても感覚的に以前の1.5倍ぐらいになっているように思います。

 そのためかどうかは不明ですが、国産豚という名称の代わりに、よく分からない美味しそうな名前の豚肉が増え、これまた牛肉並みの値段です。

 一方で輸入された豚肉も目に付くようになり、こちらは国産に較べるとかなり安い印象もあります。節約派の私としては、こういった安い豚肉を買うのもいいのかなと思っていますが、国内の畜産業者さんの苦境を考え、さらに輸入物に対する不安がぬぐえず、結局国産の高いものを買っています。

 しかしそう思いつつ、時々スーパーの惣菜コーナーにあるトンカツやヒレカツを買ってしまいますが、これらはコストを下げるために輸入肉を使っているのではと思っています。

 というわけで昨晩は、突然ヒレカツが食べたくなり、200gぐらいのブロックを500円ぐらいで購入。賞味期限まじかで5%引きというラベルに惹かれました。

 作り方は以前第41回に書いたとおりですが、今回は油の量を少し少なめにして、油の温度を高めかつ揚げている時間を短めにしたところ、我ながら「うまい」と思える味になりました。

 しかしこのブログを自分で確認して、前回食べたのが4月の10日だということが分かり、三週間ぶりのヒレカツだということも判明。やはりブログに残しておくとメモ代わりになりますね。

38hirekatu.jpg

 

揚げ物 | Comments(0) | Trackbacks(-)