FC2ブログ

父子家庭のお気楽料理

2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 未分類
CATEGORY ≫ 未分類
       次ページ ≫

第347回 モランボンのみそ煮用つゆ

 最近はスーパーの総菜コーナーでもサバの味噌煮を見かけることが多くなりました、しかしその値段は生の切り身に比べると当たり前ですがちょっと高いです。

 というわけで、ネットの情報をもとに以前自分の家の味噌を使って味噌煮を作ったこともあるのですが、出来上がりは確かに味噌煮の味にはなったものの、結構手間暇もかかり、おいしかったものの意外に面倒だなという印象でした。

 というわけで、無精者の私はもっと簡単に作れるといいなあと思いながら、いつもスーパーの料理補助食品を見ているのですが、今回見つけたのがモランボンの「みそ煮用つゆ」というもの。

モランボンのみそ煮用つゆ

 裏面の作り方を見ると、フライパンでこの商品を煮立たせ、そこへ魚の切り身を入れて落し蓋をして煮詰めるだけとなっています。汁の濃さも、煮詰める過程で自分好みの味になるようです。

 というわけで、さっそく半身になったサバの切り身を購入。2枚で250円ぐらいだったと思います。つゆの方は200円ぐらい。こういった料理補助食品は、だいたい198円という値段設定が多いような気がします。

 実際スーパーで選ぶときは、私も200円を越すような商品はほとんど買いません。だいたいが148円とか198円といった製品を買っているような気がします。

 なおサバは、表面の模様によってゴマサバとマサバの二種類があります。その昔相模湾でよくアジ釣りをしたのですが、アジと一緒にサバもよく釣れました。

 帰宅して魚をさばいて、シメサバ等で食べたこともありますが、見かけはほとんど同じなのにマサバの方がおいしく感じられました。ただしそれは思い込みがあるかもしれません。

 ただスーパー等で売っているサバも、一般的にゴマサバの方が安いですね。体の側線あたりに胡麻のような斑点があるのがゴマサバです。

 というわけで、この時はマサバを購入。早速フライパンを用意して裏面に書いてある通りの作り方で作ってみると、「お~、さすがに市販品は本物に近い味がする」という感想です。

 本物に近い味というのも微妙な表現ですが、料理屋さんで食べるサバの味噌煮とはちょっと味が違うような気もします。ただ家で食べる分にはこれで十分という感じです。

 裏面にはサバ以外で、イワシ、アジ、サンマ等でもOKと書かれていますので、最近安くなっているイワシでも作ってみようかなと思っています。

第295回 CookDoの豚バラ大根

 今日の夕食はどうしようかなと、メニューも考えずにスーパー内をウロウロ。昨日が鶏だったので、今日は豚がいいかなと思いつつ豚肉コーナーを物色。

 カナダ産の安い豚肉が目につきましたが、日本の農家のことを考えて国産にこだわっています。ただしロース肉を見ると100gが200円を越してしまうので、今回は小間肉にでいいやと判断。

 200g程度入ったパックを購入。問題はこの肉をどのように調理するかですが、焼き肉のタレや生姜焼きはちょっと飽きたかなと考え、手軽に出きる料理補助食品のコーナーへ。

 いろいろパックが並んでいますが、今回はその中で比較的売れ行きも良さそうだったCookDoの「豚バラ大根」というのを選択。肉はバラ肉を使うようですが、それだと脂が多くなり体にも良くないだろうと判断。

CookDoの豚バラ大根

 さりとて脂身の少ない肉では味そのものがいまいちになりそう。というわけで間をとって小間肉なら問題なかろうと判断。つまり料理名は豚バラ大根ではなく、豚小間肉大根に変わったという事です。

 帰宅して玄関わきに放置してある大根を取り出し、頭の方から7cm切り、これを厚さ1cmの輪切りにします。この輪切りを4分割すると作り方に出ている大根の切り方(銀杏切?)と同じになります。

 大きなフライパンを用意して、ここニオリーブオイルを入れ点火。大根を入れると水分がぱちぱちはねましたが、まあいかにも焼けているという雰囲気です。

 頃合いを見てひっくり返したり混ぜたりして、両面に焼き色がついた頃、いったん別の皿に取り出しました。続いて先ほどのフライパンに豚肉を入れ炒めます。

 全体に火が通ったらいったん火を止め、先ほどの大根を加え、水100mLとパック内のたれを入れます。タレは見た目薄味っぽかったですが、まあ煮詰めると書かれていたのでそんなもんかなとい感じです。

 再び火を点け、弱火で蓋をして煮込みます。説明書に10分と書かれていたのでタイマーをセット。その間に酢の物なんかを作っていました。

 10分経って蓋を取ると結構良い匂いがします。周りに散らばった煮汁を上から掛け、頃合いを見て出来上がり。食べてみると「そこそこおいしい」というの私の評価です。

 しょうゆ味に砂糖の甘みが加わった感じ。カツオ昆布だしが入っているようですが、配合は工夫しないといけませんがこれなら自分でも作れそう。

 しょうゆ、砂糖、和風だし、味醂、酒あたりでなんとかなりそうです。問題は大根。好みにもよると思いますが大根は頭の方を使わないと、辛みが強くなります。

 また私は10分煮ましたが、15分ぐらいにして柔らかくした方が味が染みて食感も良くなるような気がします。肉の方はバラ肉にこだわらなくてもいいなと思いました。

 量ですがパックには3~4人前と書いてありますが、我が家だと大人二人で食べて200gの肉がすぐになくなってしまいました。2~3人前という感じです。