FC2ブログ

父子家庭のお気楽料理

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月

第396回 豚肉と小松菜のガーリック炒め

  ちょっと更新が滞っていますが、基本的に外食は月1~2回程度で、すべて自炊をしています。要するに節約生活の基本は自炊にあると思っているからですが、今年春から新しく始めた市民農園で採れる野菜の活用も目指しています。

 というわけで、昨晩はこれまで調理したことのない小松菜を使った炒め物に挑戦。と言っても豚肉と小松菜の炒め物というシンプルな料理です。

 小松菜は種さえまけば勝手に大きくなると思って作ったものですが、意外や意外、種を蒔いてしばらくして元気に芽が出たものの、その後は気温が高かったせいか、虫の餌食になってしまいがっくり。

 ところが寒くなって虫が減ったせいか、一部の生き残りが元気に育ち、早い話がスーパーで販売されているような立派な小松菜に成長。

 これを昨日3株ばかり引っこ抜いて水洗い。5cmぐらいの長さに切りました。ちなみに上に書いたように無農薬で作っていますから、ところどころ虫食い跡がありますが、色つやも良く匂いも強烈。

 というわけで、たまたまちょっと高級な豚肉があったので、これを使って「豚肉と小松菜のガーリック炒め」に挑戦です。小松菜を上記の長さに切りそろえた後、再度軽く水洗い。

 続いてにんにくをひとかけら用意し、皮を剥いてみじん切りに。以前は乾燥したにんにくをよく使っていましたが、味が全然違うことに気が付いて、最近は国産のニンニクを1個買って、状況に応じてひとかけらずつ使っています。

 あとは簡単。通常の炒め物です。最初にフライパンにオリーブオイル。さらに刻んだにんにくを入れ、香りがしてきたころに豚肉投入。豚肉に火が通ったら小松菜投入。

 混ぜ合わせて味付けに使った調味料は、塩、コショー、醤油、酒、砂糖、若干の水、ごま油等をそれぞれ少しずつ入れました。ネットの情報を参考にしています。

 ガシガシと混ぜ合わせて、小松菜を炒め終わった時点で完成。食べてみると肉質が良かったのか、私はおいしいと感じました。しかし息子は一口食べて「漢方薬みたいな味がする」と言います。

 「え?」と思って食べてみると、どうやらニンニクと小松菜の味が入り混じって漢方薬のような味になるようです。まあそれだけ小松菜の味が濃いということなのだと思いますが、味付けにはもう少し工夫が必要みたいです。写真はありません。
 

第395回 エバラのすき焼きのたれは原液では濃すぎます

 ちょっと更新が滞っていましたが、自炊生活は続いています。ただこの間作っていたのは、これまでも作ったことがある料理ばかりだったので更新していませんでした。

 また10/20から24まで、北陸方面に車で出かけて4泊5日の旅行を楽しんできました。今は新幹線が開通して気軽に行けるようになりましたが、今回は車で行き、各地の観光地をこまめに回ってきました。

 ちなみに、北陸に行くといつも感じることですが、先ず水と空気がおいしいです。さらに米がうまいし、海辺では各種の新鮮で旨い魚を食べることができます。

 という訳でドライブと食、景色を堪能してきましたが、その間息子には自宅の留守を頼んでいましたので、その罪滅ぼしに昨日は牛のすき焼きを作りました。

 すき焼きは割り下の味の調整が難しいなといつも感じるので、今回はエバラのすき焼きのたれを使用。容器には原液で使えますと書かれていましたが、試しに150mLほど鍋に入れてみると、色が実に濃い。

 というわけで、こりゃきっと味が濃すぎるぞと思ったので、水を100mLほど追加。ここに入れたのが玉ねぎ、長ネギ、シイタケ、白菜、焼き豆腐、牛肉。

 牛肉は期限切れまじかのものが20%引きだったので、それを購入。

 割り下を加熱して、水温が上がったところで上記の材料を次々投入。白菜が入ると最初はボリュームがアップして鍋に溢れそうになりますが、煮詰めていくと体積は減少。

 いつもならこういった材料に醤油やみりん、顆粒出し、酒等を加えて煮詰めるのですが、今回はそういった手間を一切省いて作ってみました。

 全体が煮えたところで出来上がり。生卵につけて食べてみると、予想以上に味が濃いのでびっくり。慌ててさらに水を追加。結局原液と同じぐらいの水を入れたようで、これでどうにか食べられる感じです。

 というわけで、肉そのものは割とおいしかったので、最終的においしいすき焼きになりましたが、エバラのタレはかなり濃いということが分かりました。